2016.12.17 一流トレーナーへの成長プロセスを把握する

稼ぐトレーナーまでの成長プロセスをわかりやすくいうと、、、(その2)

それでは、自転車の乗り方をマスターするまでの過程を、5つのステップに分けて、説明していきます。

 

 

○ステップ1:なにをしていいのかわからない時期

(やれない、できない)

 

このステップにいるのは、まったく自転車に乗ったことがない、初めて自転車に乗る練習をする、そもそも自転車とはなにかを知らない、自転車に乗る人の姿を見たことがない、という方です。

 

その方の状況としては、

・自転車に乗る練習もまったくできていない。

・自転車にはまだ乗れない。

 

このステップにいる方がやるべきことは、

自転車とはどういうものかを理解し、

自転車に乗るとはどういうことかを知り、

その乗り方を基本的なことから学ぶことです。

 

もちろん、自転車の仕組みや、どうやったらうまくなるかなど、まったくわかっていません。

 

なんだかよくわからないけれど、わからないまま学んでいく

 

それが、5つのステップのなかの最初の段階です。

 

この時期は、誰から学ぶかで、上達のスピードが大きく変わってしまいます。

教えるのが上手な人、より深い知識を持っている人、実践に慣れている人から学ぶことで、この時期をすんなりと抜けていくことができます。

 

 

○ステップ2:なにをしていいのかわかる時期

(やっている。でも、できない)

 

このステップにいる方は、自転車にはまだ乗れないが、自転車とはどういうものかを知っている、自転車に乗ることについて理解はしている、という状態です。

 

つまり、自転車に乗る練習を始めた。見よう見まねで乗り方を覚えようとしている。

でも、まだひとりではうまく乗れない。

 

 

この時期にいる方がやることは、

「できなくても、何回も何回も練習を重ねていく」

 

すぐに止まってしまったり、転んでしまうこともありますが、そこは回数を繰り返して、体で覚えていくしかありません。

 

この時期に、いいコーチがいて、乗り方のコツなどを教えてもらえると、乗れるようになるまでのスピードが格段に早くなります。

 

たとえば、ひとりでは乗れないから、コーチに支えてもらう、補助輪を使うなど、少しずつ体に慣らしていく。できることを増やしていく。

 

そのように、順を追って、一歩ずつ覚えていくしかありません。

 

 

«

»